活動報告『きりんの家』

 

もともと宅老所のようなところが好きで、出かける場、

泊まれる場を作りたいと思っていました。

自宅で頑張って暮らしていた方が、何かのきっかけで

施設に入ると同時に、生活の質が落ちるのが見ていて

辛かったからです。

自宅で暮らしていたように暮らせる場所が欲しい!

家族がやっていたことを、代わりにサポートできる

人がいれば、生活の質が変わらないと思っています。

 

私たちのほのぼのホームが、入居者・スタッフとの

つながりを大事にして、今までの生活をできるだけ

継続することができる場、難病の方など、自宅での

暮らしが大変になった方のケアが無いという問題

から、「きりんの家」では癌の方を対象としており

ましたが、癌以外の方も視野に入れた暮らせる家を

作りたいと考えています。