7/2 きりんの家とは

自分の人生、最期まで 「たおやかに」 「わがままに」

私は斯くありたい。

そのための『家』

そう、それが 『きりんの家』