生きる力と言えるかどうか?

◆9/14 都庁の食堂のつづき

 

エレベータで4階に行く。私は第二庁舎の食堂も

何度か来ているので、だいぶ慣れた。

エレベータで一緒だった外国人の老夫婦がエレベ

ータを下りてどっちに行ったらいいか戸惑ってい

た。

 

私は、現在アメリカにいる息子に以前、「お母さ

んは生きる力が足りない。ブロークンイングリッ

シュでも、日本語でもいいんだ、どうしてでも伝

えたいと思ったら、身振り手振りで日本語で伝え

てもいいんだ、そういう強い気持ちが大切なんだ」

・・・と静か~に言われたのが心にチクッと刺してい

た。

うちの次男は・・・静かだ。

その静けさ、穏やかさが・・・なんか・・・怖い。

 

息子の優しいアドバイスもあって、変な勇気が湧い

てきた。

私はその外国人夫婦に日本語で「食堂はこっちです」

そして、ジェスチャーで「メニューはこちらです」。

 

でも

こっちのメニューは私にはあまり興味なかったので、

もう1つのコーナーに行った。そっちの方が私の好

みの定食がいくつもあった。

 

まださっきのコーナーにいた外国人夫婦の所に行って

とんとんと腕を軽くたたき、「あっちにもたくさんの

メニューがありますよ」と教えた。

伝えたいことを伝えられた。日本語で! あはは。

伝わったかどうかは疑問・・・?

わたし、少し、生きる力が出てきたかもしれない。(笑)