ポーポーの木

ホオズキと、ポーポーの実

ポポーとも言うらしい。ポポー族のポーポー。(笑)

 

上の2枚の画像は、昨年(2017年)10月9日

新潟県南魚沼市(みなみうおぬま)の外山康雄

(とやま やすお)野の花館で、コーヒーカップ

か何か購入した時に、「コーヒーをどうぞ」と

出していただいたのを撮影したものです。

 

ここ、とっても静かな雰囲気の中でゆっくりと、

素朴な野の花(の絵)が観賞できるので好きな場所

です。こういう野の花館が好きです。

盛岡や軽井沢の深沢紅子(こうこ)の野の花美術館

や、山中湖や安曇野にも、こういう類(タグイ)の野

の花館っぽいのがあったような・・・。

 

外山康雄さんの野の花館は、観光バスのツアーでも

巡る場所なので、ツアーのお客さんがドーッときた

時は・・・私は避難します。

狭いフロアにドドドーッと人が溢れ、わいわいガヤ

ガヤにぎやかで・・・私はちょっと興醒め、だから

その時だけ避難します。

そしてまたしばらくすると、大勢の人はがやがや、

がやがやおしゃべりしながら外に出て、そのあとは

シーンとします。

またゆっくり絵の観賞ができます。

 

 

外山さんの所には、地元の人も来て、自分の家の

庭に咲いてるお花や、鉢植えの草木を持ってきて

くれるそうです。それを描いてね・・・ってこと

ですえね。

 

この日は、たまたま地元の人が、庭に植わってい

る大きなポーポーの木にいっぱい実が生(な)っ

たので、野の花館にもお裾分けしてくださったそ

うです。

ポーポーがまだ何個か残っている時にタイムリー

に私たち夫婦が訪れたってわけでして、まことに

ラッキーでした。

見たことも聞いたことも食べたこともない・・・

冒険のような・・・ホントにこれ食べられるの?と

いうような実でした。

なんか・・・人質のような・・・毒味のような気分。

青臭いんじゃないかな?

あれ?

意外と美味しい。

 

このポーポーの種、冬の間大事にとっておきました。

春になって、きりんの庭に植えてみたい・・・と。

 

どんな葉が出るのかも知りません。

全然出てこないからダメなのかな?と思った頃、もし

かしたらこれかもと思うような葉っぱが出てきました。

種を2つ植えたのに・・・なぜか離れた場所に3つ芽が

出ています。

だから、これがポーポーだとは言い切れません。

分かりません。

もう少し育ててみますね。

 

寒さに強いと書いてありますので、新潟県南魚沼市

のような豪雪地帯には向くかもしれませんが、暑い

環境の埼玉に合うかは疑問です。でも育ててみます。

というかどうか育ってね。順応してね・・・(祈り)

 

9/23撮影

 

ピンボケですみません。(^_^.)

 

大きくなって、花が咲いて、実が生って・・・

きりんの家の利用者さんとスタッフでティタイムに

いただけることを夢みて・・・見守っていきたいと

思います。ウフフ

 

こんな花が咲いて(においは、よくないらしい)

こんな実ができるそうです。ウフフ  楽しみ ♪♪