ご自宅での生活が難しくなったら

 

退院後の自宅での生活がなぜ心地よいか。

もちろん、痛みはどんどん増し、つらい日はあります。

病院のように、常に自分のそばに誰かがいるわけでも

ありません。

それでも連絡をすると、必ず来てくれる医者(在宅医)

がいる、看護師(=訪問看護師)がいる。

それは病院にいる時以上に、繋がりが感じられる存在

だったのではないでしょうか。

 

そして

ご自宅での生活が難しくなっての施設・・・

 

同じ施設内にいても=つまり、近くにいてもスタッフ

がこまめに利用者さんの顔を見に行かないということ

が往々にしてあるのです。顔を見ればその利用者さん

がなにを伝えたいのか分かるだろうに・・・。

 

きりんの家は小さな家です。3人まで、多くても4人の

共同生活です。介護者は24時間います。

ご自宅での生活が難しくなったら

『きりんの家』を選択肢の1つになさってください。

 

『きりんの家』にいらしてください。

きりんの家は、あなたとあなたのご家族に寄り添い

ます!