1/25 歯科衛生士の清水さん

 

2018/11/9(昨年11月)、大宮駅東口で行われたケア

ラーズカフェだん・だん(=介護者支援の会が開い

ている介護者のためのカフェだん・だん)の講演会

で講師になって下さった歯科衛生士の清水さんに、

2019年1月25日、偶然再会しました。ほのぼのホー

ムきりんの家で。

 

えええー!

「その節はどうもありがとうございました!」とご挨拶。

 

ちょうど口腔ケアが始まったばかりです。

 

最初は黙って遠くで見ていたのですが・・・

同席してもよいですか?

撮影してもよいですか?

清水さんだけでなく、ご利用者の男性に許可

をいただきました。

 

ご本人にも撮影許可をいただきました

 

歯ブラシで歯と歯の間を磨いて

 

口腔用ウェットティシュで、歯の汚れを落とします

口を開けることを嫌がりません。

舌の汚れもふき取ります。

 

ご自分の歯だそうです。すごい!

 

清水さんが、「お元気な頃どんなに歯の手入れをなさっ

ていたかが分かります」・・・とおっしゃっていました。

 

 

今度はスポンジで・・・

歯科衛生士:清水さんの手際がいいので、全然拒否

なさいません。素直に口を開けていらっしゃいます。

 

上手な人にやってもらうと、気持ちがいいのでしょうね

 

 

お口のうるおいジェル (刺激の少ないお口の保湿剤)

 

今回、予期せぬチャンスが来て・・・

歯科衛生士の清水さんの施した実際の口腔ケアをまじか

で見学できた。

 

ひとつも拒否せず素直に口を開けているきりんの家の利

用者さんを見ながら・・・わたし・・・思ったもんね。

 

自分は上手って思っているプロはいっぱいいるけど、

やっぱりプロの中でもホントに上手な人っているのよね~、

そういう人にやってもらった人(今回は口腔ケアをやって

もらった人)は、しあわせだよね~。

 

今回、べらべらしゃべるわけでもないし、おべっか使う

わけでもない、けれど明るい清水さんに、手際よく歯の

ケア、舌のケア、(水を使わない)をしてもらっている

この男性(=利用者さん)、さぞかし心地良かったので

はないでしょうか。

 

こんなふうに、まごころ込めてケアをしてもらえる時間

をもてて、きっと嬉しいだろうな。

しあわせだろうな・・・って思いました。