2/12 未明の星空がきれい!

2019/2/12

未明の午前4時に、南の空を眺めた。

ベランダは放射冷却ですっごく寒くて、冷え方じんじん

しているのだけど、星空がまことにきれいでしたー。

南東に2つ超!明るい星。

金星と、木星?

下の国道やお店の明かりが邪魔で、腕で下を遮って

夜空を眺めたら天の川も見えるんですね。今の時期。

他にも星が見えるのだけど・・・なにせ寒くて凍えそ

うだったから、すぐに家に入った。惜しかったな~。

(寒くなければ)ずっと眺めていたかったな~。

**************

このことを、友人の、天文大好き「お散歩カメラマン」

さんにメールで報告したら、以下の解説が添えられて

きました。

**************

◆2/13

おはようございます。

今朝は曇っていて、星は見えませんでしたが、

年明けから早朝の南東の空は目が離せません

でしたね。

木星と金星、さそり座のアンタレス、それに

細い月がからむと、日替わりの天体ショーが

楽しめました。

今は、少しずつ高度を下げてきた金星と土星

のすれ違いが始まります。

天頂から西は春の大曲線、東の空には夏の星座

が昇ってきています。

風邪をひかないように温かくして星巡りを楽し

んでください。

◆北斗七星のひしゃく(=柄杓)の柄(え)4つ

の星はまっすぐではなく、少しカーブをしていま

す。

そのカーブを延長していくと、まず、うしかい座

1等星のアルクトュルスが見つかります。

さらに伸ばしていくと、今度はおとめ座の1等星

スピカに行き当たります。

この星の並びを「春の大曲線」といいます。

ついでですが、この2つの1等星を底辺にして、右側

に正方形の頂点となる2等星が見つかります。

しし座のしっぽの先の星デネボラです。

この正三角形を「春の大三角形」と言いますが、冬の

大三角形よりも大きいのですが、マイナーですね。