7/10 きりんの家にて

 

◆訪問マッサージ

きりんの家の和室に、朝から訪問マッサージ?訪問リハビリ?の

施術師さんが来て、利用者さんの体をほぐしていた。

聞いてみた。

「スミマセン、それは訪問リハビリですか?マッサージですか」

「マッサージです」

「20分やるのですか?40分ですか?」

「20~25分やってます」

「事業所はどちらの場所にあるのですか?」

「東浦和(ひがしうらわ)です」

「そんなに遠くからいらしてるんですか」

「越谷(こしがや)やさいたま市を回りますよ」

「あの~大宮の方は回らないですか?」

「行ってますよ」

「大宮の北のほうだとどこらへんまで回ってますか?」

「そうですね、植竹町(うえたけちょう)の方まで行きます」

「そうですか。まさか国道17号しか通らないというのではない

ですよね、あんなに渋滞する道路を通ることはしないですよね」

「ボクは脇道を行きます」

「そうですか、抜け道をご存じなんですね。ここの看護師さんは

脇道を教えても、返って何がなんだかさっぱり分からなくなる・・・

と国道通ってくるんです。だから渋滞に巻き込まれてしまう」

「そうですか」

「植竹町まで行かれてるんでしたら、うちにも来てもらえそうで

すね、もしよろしければ事業所のお名前とか、教えていただけま

せんか」

「これを利用するには医師の同意書が必要ですよ」

「医師はいつでも同意書を書きますって言ってくれてます」

「今日は毎月発行している小冊子を持ってきてるので、これをご

覧になってください。連絡先はこちらです」

「はい。ありがとうございます。参考にさせていただきます。

で、Kさんの施術はきりんの家に来てから始めたのですか?それ

ともご自宅にいた頃からやってらしたのですか?」

「自宅にいた時から訪問マッサージに行ってました」

「そうですか、馴染みなんですね。きりんでも継続してやってあ

げてるんですね」

「はい」

「ありがとうございます」

 

わが家の場合も、自宅にもきりんの家にも来てくれる事業所でな

いと困るので参考になりました。

 

◆元利用者さんの家族がボランティア

今日は途中で、「こんにちは~」と誰かがきりんの家に来られま

した。看護師さんは他の方のケア中だったので私が玄関を覗きま

した。「こんにちは」 ・・・(私)

私はその方のお顔が分かりません。「はい、なにかご用ですか?」

と言ってしまいました。

そうしたら、その方は、以前ご主人がここ、きりんの家にお世話

になってここでご主人を看取られたあと、きりんの家には大変お

世話になったから、私もきりんの家でなにかボランティアしたい

と、自分のできる時にきりんの庭の草取りをしに来ているそうです。

 

「あ、すみませ~ん。私も利用者の家族です。今年ゴーヤをそこ

に植えたんですけど枯れちゃって1つしか育ちませんでした」(私)

「こんなに日照時間が少ないですからね。しかたありません。今年

は特別悪いですね」

「おひさま出てこないし、寒いですよね」

(今年の東京の日照時間は例年の10%くらいしかないとニュースで

報道していました。さいまた市もしかり)

 

◆高齢者になると、皮膚がポロポロ落ちる

利用者さんの着替えを介助している看護師アイサンが、利用者さん

を支えながら、ベッドの上をローラーでころころし始めました。

「あれれ、何してるの? 手伝いましょうか?」 ・・・(私)

「あ、お願いします。助かります」

「これ、シーツの上の髪の毛とか取るんですか?」

「いえ、病院でもやるんですけど、高齢者の皮膚って乾燥が激しく

てポロポロ落ちるんです。だから今、それをコロコロで取ろうとし

てたんです」

「へー、皮膚の残骸を取るんですかぁ。へー」

高齢者をささえながら、ころころを動かすのは・・・しんどいですね~。

 

 

ハイ、新しい下着を身につけ、さっぱりしました~。