サンダル履いて学校へ

 

◆ソウチャンの 「サンダルで登校」の巻

きりんの看護師〇さんちの次男君=ソウチャンの笑い話。

先日のこと

 

 

次男君が学校にサンダルを履いて出かけたことに、出勤前の

ママが気づいた。

「なんてこった!」

ママにはもう時間がない。仕事に行かなくちゃ。朝の道路は

車が渋滞する。早めに出なくちゃ!

ママは、朝の出勤はママよりほんの少し時間の余裕があるパパ

に大急ぎで訴えた。

「ソウチャン、サンダルを履いて学校に行ってしまった!

いつも履く運動靴が家にある。急いでソウのところに運動靴を

届けにいってくださーい!! 早く!早く!」

 

「俺だって時間ないよー!」

でも、ママにはもう時間が残されてない。

 

パパは、次男君の運動靴を自転車のカゴにのせ、自転車に飛び

乗って学校に向かった。大急ぎで自転車こいだ。

なんで学校にサンダルなんか履いていくんだよー!

早く気づけよー!

 

学校まであと3分の1ってところで、次男君が血相変えて、

家に向かって走ってきたのに、ちょうど出くわした。

 

ああ、よかった!!

 

お兄ちゃんも一緒に学校へ行ったのに、近所の子どもたち

とも一緒に登校したのに、最初のうちはだ~れも靴のこと

に気付かなかったんだね。

 

学校に到着する前に気付いてよかったね。

パパが靴を持ってきてくれて、本当によかったね。ソウチャン!