10/22 苗場(なえば)ドラゴンドラ

 

利用者の家族がスタッフブログを書いています。

 

以下の青字は、2年前=2017年10月の、新潟の山の先生

(ほんとの職業は脳外科の医者)からもらったメールです。

 

この日まではなんとか天気が持ちそうだったのでこの日は

紅葉狩りへ行って来ました (^_-)

少し前のブログでも名前が出てきましたが、苗場(なえば)

のドラゴンドラです。全長約5.5キロと日本最長だそうです。

片道25分。

期待以上に良かったです。

このゴンドラ、普通と違って、地表に近い所を這うよう

上ったり下ったり。谷があると谷底まで下り、川を渡って

今度は上る。地表に近い分迫力があり、そして紅葉がきれ

いでした。

特に清津(きよつ)川の清流とその両岸の紅葉のコントラ

ストが良かったです。

ゴンドラを降りてからは高原を30分くらい散歩。少し雪を

かぶった苗場山(なえばさん)の山頂がすぐ近くに見えま

す。下りは田代ロープウェイ。こちらは10分と短いのです

が、日本一の高さを誇るそうです。一番高い所は230メー

トル。

//////////////////////////////

 

わたくしスズランは本日(10/22)、その逆のコースから

乗ります。

 

//////////////////////////////

早朝4時、目が覚めた。外は雨、どしゃぶり。あああ、

天気予報のとおりだ。いったい何しに行くんだろう。

気が重い。

朝からお腹をすかせる夫。なんでこんなに早くにお腹

がすくのかしら?健康な証拠なんだから喜ばしいこと

なんだろうけど私は気が重い。強風ならロープウェイ

は動かないだろう・・・考えたくない・・・。

午前6時・・・雨ザーザーの中、夫と家を出発した。

私は帽子と上着は雨に強いゴアテックス。靴は長靴を

履いていった。夫は以前、新潟で買った雨用の、長靴

ではなく、中くらいのブーツ。

 

◆天気を受け入れる=あきらめ半分

関東では雨でも、越後湯沢の方は曇りの天気予報の時

もあった。なのに、だんだん日にちが近づくにつれ火

曜日だけ全国的に雨、それもどしゃぶり雨とか言われ

て・・・おまけに台風まで接近して台風19号で被害の

あった場所は危ないだの、さらに川の水かさが増える

だの・・・ちっとも良いこと言ってくれない。おまけ

に前日の日曜や月曜は新潟も埼玉も晴れで暖かい。

ぐやぢい~!

けれど、受け入れるしかない。お天気はこちらが努力

したって変えられない。

 

昨夜も今日の早朝も「中止のお知らせ」は来ない。

どしゃぶりでもツアー決行か??

しかたなく6時に家を出発。

夫は全然じたばたしない。

 

雨でも、その時だけやむように祈りましょうか。

その時だけ雨が降らなければ100点にしましょう。

霧でもその時だけ晴れて一瞬でも紅葉が見えます

ように。

何も見えないことのないように=つまり、何かは

見えるように祈ります。まったくの霧の中で景色

が見えないなんてことのないように・・・一瞬で

も見させてください。景色がダメなら美味しい昼

食が出ますように・・・(苦笑)

このような低いレベルの小さな祈りを重ねていた。

 

山の上なので水たまりもあり長靴で正解!のような

一日だったけど・・・実は、実は、思いがけなく

みんなの祈りが通じたのデス。

 

そのときだけ雨が止んでくれた。降ってもほんの一瞬

だけ。風がないので鏡面なんとか・・・ができたり。

こんなに天気が悪いのに、私たちが外に出てる時だけ

は雨がやんでくれた。そして、またバスに乗り込むと

ザーッと雨が降る。

 

なんという不運から・・・ラッキーへ!

おまけに、最初の田代ロープウェイは同じツアーの人

たちと乗れたけれど、そのあとは自由で、集合時刻と

集合場所(苗場ドラゴンドラ山麓駅の観光バス駐車場)

だけが決められていた。

前も後ろも大行列でやっとのことでドラゴンドラ(25分

間乗る=8人乗り)に乗った時、8人のうちの1人がいや

にお節介で世話好き。

窓を開けましょう、そっちも開けてあげましょうか?

開けた方がいいですよ。カメラ貸して、こっちから下

を写してあげるわ・・・最初からスリルあるからね、

次になになにが登場するよ・・・次は「熊!」「次は

下るよ」「上がるよ」「ここからの紅葉が綺麗だよ」

などプロみたいに詳しい人で超!明るい人が逐一解説

してくれる。

私は「後ろに座った人、変わった人だな~。でも明る

くてお話が楽しい人だな~」って思いながら聞いてい

た。みんなもどんどんその人に質問したりする。

 

そのうち、その人は「ほとんど毎日ここに来てる。

今年は2週間ほど紅葉が遅れていたけど、この1~2

週間の寒さで一気に紅葉した。今日は私にとって今

年一番の紅葉だと思う。山頂も中間も下もキレイで

すね。明日はお天気よくなってもう少し紅葉が進む

し、遠くの山も見えて素晴らしいと思いますが、本

当に綺麗なのはたった4日くらいなんですよ」

「今朝は絶望のようなお天気だったのに、これだけ

見えればラッキーですね」「この下のカラマツが黄

葉すると、この下が一面黄色になってそれはそれは

素晴らしいです。また来てください」と言った時、

わたくし気づいた。この人、プロのガイドだわ。

 

その人、うちのツアーではないけど、よそのバスツ

アーの添乗員さんってことが分かった。田代ロープ

ウェイを待っている時、隣の班で「集合時間は〇時

〇分で~す!」と大きな声を出して前から後ろに動

いていった人だ。あごが三日月おつきさまになって

見えたから、(その横顔の尖ったあごをドラゴンド

ラの中で見たとたん)思い出した。そうか、あの人

だったのね、じゃあプロだわ。

 

その人といると楽しいのなんの!

ドラゴンドラに放送がない代わりにプロの添乗員さ

んのタイムリーな案内が聞けて、その話が楽しくて

楽しくて。

あの二居湖(ふたいこ)の水は先日まで台風の影響

で濁っていた。今はエメラルドグリーンに戻ってき

た。真下に見える清津(きよつ)川の水はいつもは

澄んでいるのですが今日は濁っている。毎日変化が

あります・・・楽しいです。先日は毎年この時期こ

こに来ているというお客さんに会いました。ここの

魅力にとりつかれたようです・・・と。

「あ、熊!」・・・(そのガイドさん)

「えー! どこどこ?」 ・・・(残り7人)

「木彫りの熊 だけどね。アハハ」

「びっくりしたー、木彫りですか」

 

おまけに、隣に座っている人は名古屋からバスツア

ーで来た人と判明。言葉が関西ふうなので、関西の

人だと思ったら「尾張」ですって。

「関西のかたかな?と思いました」と私が言ったら

「でも職場で関西に関わっているから関西弁も混じ

っているかもしれない」・・・って。

「私のことばのどこで関西とかわかったの?」

「ふふふ、こっちと違いますから」 ・・・(ズ)

「アハハ。違いますか・・・どこが違うんだろう?」

 

上の方のエメラルドグリーンは、二居湖(ふたいこ)。

カメラを持ってくれば良かったと・・・悔やんだが

悔やんでもしょうがない。自分で決めたから。

おかげで自分の目で周りの景色をゆっくり眺められた。

 

ま、こんなにお天気悪いのに紅葉の季節だから一般の

お客さんは来ないけど、バスツアーの人はお金を払っ

ているから雨でも来る。行くしかない。(苦笑)

今日はみんな出掛ける時にはあきらめがかなり入って

いた。別の楽しみを見つけに?お土産買うのを楽しみ

に??もしかしたら雨がやむかもしれないという小さ

な期待をしてツアーに来る。だからどのバスも満員。

おかげでドラゴンドラ乗り場が大行列だったので、

ツアーごとに乗らないで、ただ並んだ順に乗るだけ。

それが結果的に幸運をもたらした。すごく良かった。

違う場所から来たツアーの添乗員さんと偶然一緒にな

った。だから、8人乗りの他の7人は最高に楽しい25分

を過ごせた。

降りた時はたった25分間でこんなになごやかな楽しい

旅ができたこと、みんなで感謝しまくった。

 

実はわたくし・・・自宅出発時、こんなにどしゃぶり

雨なので、大切なカメラが濡れるのがいやで、カメラ

を水から守ることばかりに気を配る旅はイヤなのでカ

メラを持っていかなかった。

それほど出発時の雨は・・・これから何しにいくんだ

ろ?という諦めの気持ちをさらに増すような降り方だ

った。希望もないような雨と天気予報だった。夜には

晴れるのに・・・明日には回復するらしいのに・・・

今日だけだめなんだ。奇跡が起こらないかな~。

 

だから、上空から雨が降らなかっただけでも100点つ

けましょう。風もなかったし。紅葉はたぶん見頃!!

 

運転手は若いイケメン、うちのツアーの添乗員さんは

若くてきれいで親切で・・・うん、ホントに良かった!

 

これだけ満喫できたから、明日から親の介護、また頑張

ろうっと!