2/22 きりんの家から自宅へ

(このブログを書いているのは、スタッフではなく、

利用者の家族です)

 

前日、訪問歯科医が来てくれて、

本日、訪問診療のお医者さんが来て、

夕方、介護タクシーのスタッフが来て

くれて自宅まで送ってくれました。

(車いす用のスロープを片付けているヘイゾーさん)

 

今回はたった1日ですが、お世話になりました!

来月はもっとたくさん利用したいと思います。

またよろしくお願いします。

 

2/13 おひなさま

 

小箱の中身は、友人のカサブランカ姉(ねえ)やが食べて、

空箱をもらったもう一人の友人=なでしこ姉(ねえ)やが

・・・この箱の中に作品を入れた。

ひとつひとつの小箱の蓋を開けたら・・・ほら!

 

これは、昔のマッチ箱よりも小さい入れ物

 

なでしこ姉やが、こども食堂へ来る子供たちへあげる内裏ひなを

心をこめて作った。

なでしこ姉やの昔からの友人で、蓮田(はすだ=さいたま市の隣)

在住の友人が、地元の人たちと開いている「こども食堂」のお手

伝いとして、なでしこ姉やが子どもたちにあげるお雛さま(内裏

雛)をいっぱい作った。子どもの喜ぶ顔を思い浮かべて。

しかし!

新型コロナウィルスの感染予防対策として、大勢の人が集まる子

ども食堂が、今回は中止になってしまった(らしい)。

 

さて、こんなにいっぱい作ったのに・・・どうしましょ?

なでしこ姉やは困った・・・。

 

それで、なでしこ姉やは、私の孫のことを思い出した。

あの家には小さい子もいるし、遊びに来る子供たちもいる。

その中で、これを欲しいという子にあげてほしい・・・と。

で・・・私はなでしこ姉やに「孫たちにも渡すけど、他の子

でもいい?これを喜びそうな子が身近にいるのよ」と言った。

「いいよ、だれでも、欲しい子にあげて」

「はい! それにしても、これ、すごいね~!」

 

あげたのは、

孫たち、孫のご近所の子どもたち、きりんの家の看護師さん

ちの子ども、演奏会にママと聴きにきていた女の子(観客)、

きりんのゆめチャリティコンサートで演奏されたご夫妻に

(女の子がいるらしい)、そして、母のヘルパーさんちのお

孫ちゃん、そして、きりんの家の玄関に1つ。

もちろんわが家の玄関先にも1つぶらさげた。

なでしこ姉や、どうもありがとうございました!!

◆2/13の 夕富士

2020/2/13   17:14

17:44