活動報告『NPO』

◆設立以来の主な活動実績

1992年から在宅ケアに関心を持ち、外山誠氏に師事。

フリーの看護師・訪問看護の経験を積みながら、

2004年に在宅ケアサービス樹林(きりん)を設立。

訪問看護を主体にした仕事を展開。

 

そのうち自宅で暮らせない方の支援の必要性を実感し、

何かできる事はないかと模索している時に、宮崎の

ホームホスピス「かあさんの家」の存在を知る。

 

2013年ホームホスピスを作るために動きだし、活動

拠点としてNPO法人きりんのゆめを翌2014年に設立。

 

緩和ケアの医師との出会いから、がんの方のための

住まいとしての物件を探しながら月1回勉強会を開催。

2014年には講演会を2回実施。

 

2015年夏、与野本町に物件が見つかり、11月からホー

ムホスピス「きりんの家」をスタートさせ、がんの方

の生活のお手伝いを行っている。

 

2018年になってからは、がん以外の方のニーズも高く

がん以外の方の利用も増えています。

 

◆団体の目的

この法人は、「神経難病・重度の認知症・脳卒中の後遺

症・がんの末期等、病気や障がいによって自宅での生活

が困難になっても、地域とのつながりを保ちながら最期

まで自分らしく生きたい」そう願う方がそのように暮ら

せるまちづくりを目的とする。

 

◆団体の活動・業務

保健・医療または福祉の増進・まちづくりの推進を図る

目的として、生涯生活支援事業・在宅ホスピス支援事業・

保健・医療・福祉に関わる啓発及び教育研修事業・「き

りんの家」における生活支援事業を実施。

 

◆事業活動の概要

生涯生活支援事業として、ホームホスピス「きりんの家」

「がんサロン」の運営管理。

在宅ホスピス支援事業として、介護職・看護師に対する

研修。

保健・医療・福祉に関わる教育研修事業として、連続講座

を開催。

「きりんの家」で暮らす方の生活のお手伝いを、スタッフ

を常駐させながら実施。

 

◆現在特に力を入れていること

ホームホスピス「きりんの家」の広報活動・稼働率を上げる

ことに力を入れるとともに、支援者を増やすこと。

 

お住まいになる方が、最期まで自分らしく暮らせるように

(ここに来て良かったと思えるように)ケアの確立を目指し

ています。